新規IPOと言っても泥船もあれば宝船もあります。しかし新たに上場してくる企業は活気のある企業が多いため投資家にとっては宝の山となることが多いのです!ちゃんとした品定めが出来れば儲かる事間違いないでしょう

IPOの値動きは最近の上場企業を参考に

株価予想というのは非常に難しいものですが、特にIPOともなるとその値動きを予想するというのは簡単なものではありません。
何しろ過去のデータの存在しない企業ですから、どのような初値が形成されてその後どのような値動きをするのかということは、簡単に予想がつくようなものではないからです。

ただし、一点はっきりしていることとしては注目度が高く希少価値や将来性が非常に期待されているIPOの場合には初値が公開価格を大きく上回ることはほぼ確実であり、後はどれだけ公開価格よりも初値が高くつくのかということが問題となります。
このようにIPOのなかには、初値が公開価格を上回ること間違いなしという銘柄を見抜くこと自体は難しくありませんが、問題となるのは初値が形成されてからの値動きであり前評判が高いからといって初値が付いてからも株価が上昇するとは限らずに、前評判が高いことから初値も高騰しすぎてしまいその結果としてあとは値下がりする一方ということも珍しくありません。

そこで、IPOの初値がついてからの値動きに関しては、最近の上場企業の値動きを参考にすることによってある程度予想をつけることができます。
直近のIPOが過熱気味になり初値形成後暴落をするようでは次のIPOでも同じことになるのではと警戒する人が増えることで、初値が押えられ気味になりその後株価が伸びるといった動きを見せることがあります。
逆に直近に上場した企業の株価の伸びがよければ、今回のIPOも同じように上昇するのではないかという期待感から初値も高騰し更にそこから上値を試す展開となるといった動きをすることも少なくありません。
必ずしも直前の上場企業の動きでこのような動きになるということはありませんが、初値以降の値動きの予想材料にできるということは間違いありません。