新規IPOと言っても泥船もあれば宝船もあります。しかし新たに上場してくる企業は活気のある企業が多いため投資家にとっては宝の山となることが多いのです!ちゃんとした品定めが出来れば儲かる事間違いないでしょう

野村証券でIPO株購入と新規公開、主幹事証券会社とは?

大手企業が株式新規公開する場合、野村証券が主幹事となり株を投資家に売り出して証券取引所に上場し、多くの投資家により株取引ができるようにすることをIPO(Initial Public Offering)と言います。
IPOとして新規公開する際に、株を買う権利を抽選にて投資家が手に入れるのですが、野村証券のように大手証券会社の場合、主幹事証券会社として、上場企業から割り当てを受け、さらに野村証券の顧客に優先的に割り当てるもので、抽選でなくともIPO株が手に入ることがあります。
IPO株の場合、新規上場ということから初値が高くなる可能性があり、上場前のIPO株を手に入れ、初値で売り抜けるというトレーダーが多く、上場する前に株を手に入れて上場日に売るという短期のトレードで利益を出す人が多いです。
また、新規上場後、しばらくしてから高値で売り抜ける人も多くおられるでしょう。
問題となるのは、今後後悔する未公開株を手に入れなければいけないため、抽選か主幹事証券会社などの割り当てでしか、IPO株が手に入らないのです。
インターネット証券では、通常、抽選にて当選した人に株を割り当てますが、主幹事証券会社となると抽選では無いため、なくなり次第終了となりますが、証券マンからの紹介などで割り当てられます。
IPO株は初期で大きく値を上げ、しばらくすると一気に値を下げるという傾向が見られ、さらに底値となると再び値を上げるという乱高下することがあります。
ただ、IPO株が必ずしも儲かるものではなく、初値が買い付け額に到達しない場合もあり、IPOとして購入した金額が1000円でも700円でしか寄り付かないこともありますので、良く調べて購入することが大切です。