新規IPOは宝の山

新規IPOと言っても泥船もあれば宝船もあります。しかし新たに上場してくる企業は活気のある企業が多いため投資家にとっては宝の山となることが多いのです!ちゃんとした品定めが出来れば儲かる事間違いないでしょう

新規IPOは証券会社のサービスとしても重要

新規IPOとは、新規上場株式のことです。
英語ではInitial Public Offeringといい、その頭文字を取ってIPOといいます。
新規に上場することを新規IPO、株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOとして、言葉を明確に区別することもあります。

企業が上場するメリットは、自社株を売りに出すことで直接金融市場から資金を集めることができるからです。
これは銀行からの借入とは異なる為、自己資本として自由に使う事ができるため企業の資金調達方法としてはとてもメリットが有ります。

上場するメリットに焦点を当てれば、上場することで社会的信用がつくため、企業価値の向上ならびに銀行からの新たな融資を受けやすくもなります。

証券市場での売買は証券会社経由でないと行えないため、証券会社に売り出しを依頼し資金を調達します。
新規売出しを委託された証券会社のことを主幹事といい引受けによる手数料を得ることができます。

IPO銘柄は利益を出しやすいため、投資家とって非常に人気があることから主幹事を多く務める証券会社はそれだけ魅力のある証券会社という事になります。

新規IPOが投資家にとって利益を出しやすい理由としては、取得に手数料がかからないうえ、上場後は株価が大きく値を上げる傾向にあります。
これは公募価格が割安に設定されていることが多いからです。

また、上場審査を通った会社という事で財務の健全性や今後の成長が見込まれるという期待も価格の上昇につながりやすい一因とみられています。

新規IPOはその人気から売出しに対する投資家からの募集が多く、抽選となることがほとんどです。
証券会社によっては取引量の高い投資家に対して割り当てを有利にしていることもあり、自社顧客の優遇やサービスとしても利用していることがあります。